洛東遺芳館 概要
 当館は京の豪商であった、柏屋を母体とし、昭和49年(1974)に開館しました。以来、今日迄春秋2回特別公開をしております。
 柏原家は、肥後熊本加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とすると伝えられています。江戸期の正保2年(1645)初代三右衛門が当所に居を構えたといわれており、はじめ京小間物・扇子等を商い、徐々に商種商域を拡げ、木綿・漆器・紙の店を江戸に持ったいわゆる江戸店持京商人となり、今日も東京・大阪で盛業中であります。
 展示品のすべては、柏原家の江戸時代からの伝承品で、婚礼調度・絵画・浮世絵・工芸品・古書古文書等で、これ等を順次展示しております。
また、現在の建物も幾多の大小火難を逃れ、数百年来の商家の体裁を保っている京都でも数少ないものであります。
 建物の一部はご希望によりご案内しております。

〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL:075-561-1045 FAX:075-561-3651


コレクション
 柏原家の江戸時代から伝承の品々
 婚礼調度・絵画・墨蹟・浮世絵・茶道具・衣裳・古書古文書等多岐にわたっております。


開館情報◇ 春 季 展 平成31年4月2日(火)~5月5日(日) 「月曜日は休館です。但し、祝日は開館します。」
「物語絵と婚礼調度品展」
物語絵は、平安時代に発達した物語に絵を添え、また興趣のある場面だけを取り出して絵画化したものです。
伊勢物語の絵画化は源氏物語(絵合の巻) 中にみられ、1000年前後からなされていたことが知られています。その後各時代に渡って14世紀初頭の彩色の絵巻、又15~16世紀室町時代には色紙形に描かれて屏風に張られていたことが知られています。17世紀初頭江戸時代初期のいわゆる古典復興期には、色紙・屏風・扇面など豊富な遺品が残存しています。
源氏物語を題材に描いた絵を源氏絵といい、11世紀の初頭、原典成立後まもなく絵画化が始まったとされます。以後、中世、近世を通じて様々な画派によって描かれ、日本絵画の普遍的・古典的テ−マとなりました。
平家物語は、鎌倉時代に成立したと思われ、平家の栄華と没落を描いた軍記物語です。 保元の乱・平治の乱勝利後の平家と敗れた源家の対照、源平の戦いから平家の滅亡を追ううちに、没落しはじめた平安貴族たちと新たに台頭した武士たちの織りなす人間模様を見事に描き出しています。

秋 季 展  平成31年10月1日(火)~11月3日(日) 予定

ご利用案内
開館時間 午前10時~ 午後4時(入館迄)
休館日 月曜日(祝日は開館)
アクセス 京阪電車 清水五条駅(徒歩3分)
入館料 一般 300円 大・高生 200円 中・小・きもの100円
住所 〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL 075-561-1045
FAX 075-561-3651
地図 Google マップはこちらへ


洛東遺芳館たより
平成30年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成29年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成28年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成27年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成26年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成25年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成24年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成23年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成22年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成21年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
 
◇平成31年 春季展より  平成31年4月2日(火)~5月5日(日)

「浮世絵と婚礼調度品展」
洛東遺芳館は、江戸時代の江戸店持京商人「柏屋」が収集した美術品・婚礼調度品・古文書などを後世に伝えるため、昭和49年(1974)に開館致しました。
今回は、源氏物語・伊勢物語・平家物語などを描いた浮世絵・掛軸・屏風・挿絵を約15点と婚礼調度品を展示。

黒棚   香盆
行  器(ほかい)
食物を戸外に運ぶのに用いられた木製の容器
百 人 一 首
 
源氏物語図屏風 (一隻)
 
 
「俊蔭の女」渡辺南岳 「源氏物語図」月岡雪鼎
 
     
「大物浦」(大判3枚)歌川国芳