洛東遺芳館 概要
 当館は京の豪商であった、柏屋を母体とし、昭和49年(1974)に開館しました。以来、今日迄春秋2回特別公開をしております。
 柏原家は、肥後熊本加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とすると伝えられています。江戸期の正保2年(1645)初代三右衛門が当所に居を構えたといわれており、はじめ京小間物・扇子等を商い、徐々に商種商域を拡げ、木綿・漆器・紙の店を江戸に持ったいわゆる江戸店持京商人となり、今日も東京・大阪で盛業中であります。
 展示品のすべては、柏原家の江戸時代からの伝承品で、婚礼調度・絵画・浮世絵・工芸品・古書古文書等で、これ等を順次展示しております。
また、現在の建物も幾多の大小火難を逃れ、数百年来の商家の体裁を保っている京都でも数少ないものであります。
 建物の一部はご希望によりご案内しております。

〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL:075-561-1045 FAX:075-561-3651


コレクション
 柏原家の江戸時代から伝承の品々
 婚礼調度・絵画・墨蹟・浮世絵・茶道具・衣裳・古書古文書等多岐にわたっております。


開館情報◇ 春季展 平成29年4月1日(土)~5月5日(金)「月曜日は休館です。但し、祝日は開館します。」
「北三井家ゆかりの品々展」
三井家は江戸時代、呉服・両替商を営む豪商で、近代には諸企業を経営し財閥を形成した家族です。総領家である北家を筆頭に、伊皿子家・新町家・室町家・南家・小石川家・松坂家・永坂町家・五丁目家・一本松家・本村町家は三井11家と呼ばれ、地名からとられた通称である。
北三井家から柏原家に二度嫁入りがありました。それにともない、北三井家の文化が柏原家に入って来ました。

秋季展 平成29年10月1日(日)~11月3日(金) 予定

ご利用案内
開館時間 午前10時~ 午後4時(入館迄)
休館日 月曜日(祝日は開館)
アクセス 京阪電車 清水五条駅(徒歩3分)
入館料 一般 300円 大・高生 200円 中・小・きもの100円
住所 〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL 075-561-1045
FAX 075-561-3651
地図 Google マップはこちらへ


洛東遺芳館たより
平成28年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成27年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成26年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成25年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成24年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成23年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成22年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成21年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
 
◇平成29年 春季展より  平成29年4月1日(土)~5月5日(金)

「北三井家ゆかりの品々展」

1 地黒綸子千羽鶴 打掛 2 西王母 打掛   北三井家六代目高祐(たかすけ)の娘・酉(ゆう)は柏原家と関係の深い那波九郎左衛門家に嫁いでいました。その酉(ゆう)が亡くなると、柏原家八代目の妻・涌(わく)に、形見分けとして、二領の打掛が贈られて来ました。
その記録には、「地黒綸子千羽鶴」・「西王母」と模様が記されていて、1・2に該当すると思われます。
涌(わく)はかなり年下ですが、酉(ゆう)の従妹にあたります。
また、涌(わく)の夫・柏原家八代目・祐真は那波家からの養子で、実母は酉(ゆう)でした。
1 地黒綸子千羽鶴 打掛 2 西王母 打掛
 
3 呉春筆 鶴 絹本着色 3 呉春筆 寿老 絹本着色 3 呉春筆 亀 絹本着色   文政七年(1824)二月の江戸の火事で、三井家の江戸駿河町店が類焼しました。その時、柏原家の江戸本町店から多数の者が手伝いに出ました。同じ年の十二月、「則兵衛」から「御挨拶」(お礼)として「呉春三幅対」が贈られてきました。
「則兵衛」とは北三井家六代目・高祐(たかすけ)で、彼は呉春のパトロンでした。柏原家に伝来している呉春の作品のうち三幅対はこの一点だけですので、これが則兵衛から贈られたものと思われます。
3 呉春筆 寿老・鶴・亀 絹本着色
 
4 三井高祐筆 東方朔 絹本着色   作者の高祐(たかすけ)は北三井家六代目です。絵を円山応挙、あるいはその息子の応瑞に学んだといわれていますが、素人の域を超えています。
この作品も、衣紋線が濃いほかは、ほとんど応挙風です。描かれているのは東方朔です。前漢時代に実在した人物ですが、後世に、西王母から桃を盗んだという話が作られました。 描かれているのは、桃を盗んで逃げている姿です。
西王母の桃は長寿のシンボルですので、このような東方朔の姿もめでたいものとされています。
4 三井高祐筆 東方朔 絹本着色
 
5 三井高就筆・大典和尚賛 馬追 紙本墨画   作者は北三井家七代目・高就(たかなり)です。落款には「牧山」とありますが、これは高就の号の一つです。
賛は、高就と親交のあった大徳寺の大典(だいてん)和尚が書いています。絵も賛も写しで、原作は、絵が松花堂昭乗、賛は沢庵和尚です。
その原作は、古くから茶人の間では有名で、現在は根津美術館に所蔵されています。
5 三井高就筆・大典和尚賛 馬追 紙本墨画
 
6 三井高福筆 松上鶴 絹本着色   作者の高福(たかよし)は北三井家八代目です。三井家が豪商から財閥への変貌する道筋をつけたと評価されますが、『平安人物志』の文雅の部に載るほど、諸芸にも通じていました。絵は円山応挙の孫にあたる応震などに学びました。
この応挙風の絵にも明らかなように、素人の域を超えていて、諸方から依頼を受けて制作していたことも知られています。
6 三井高福筆 松上鶴 絹本着色
 
7 三井高福筆 うさぎ 紙本淡彩   落款には「高俶」(たかよし)とありますが、高福は一時、「俶」の字を使っていました。
この作品は乙卯(きのとう)、安政二年(1855)の年初に、ウサギ年にちなんで描いたものです。
六十年後の乙卯(きのとう)の大正四年(1915)に、高福の息子で、北三井家十代目・高棟(たかみね)が箱書をしています。
7 三井高福筆 うさぎ 紙本淡彩
 
8 三井喜野 枝もみじ 絹本着色   作者の喜野(甲・きの)は北三井家八代目・高福(たかよし)の娘で、柏原家九代目・浄真の妻・賢(かた)の姉にあたります。小石川三井家の養女となり、その後、新町三井家八代目・高辰(たかとき)に嫁ぎました。
この作品は、喜野(きの)が米寿を迎えた昭和三年に、賢(かた)に送られたものです。
絵は二十年程前の作品であることを、喜野が箱書に記しています。
8 三井喜野 枝もみじ 絹本着色
 
9 有筆 涌宛書簡   北三井家七代目・髙就(たかなり)の娘・有(ゆう)は、大坂の辰巳屋清兵衛に嫁いでいました。彼女が、姉にあたる柏原家八代目の妻・涌(わく)に宛てた手紙です。
丁寧な文体ですばやく書かれ、かなりの長文ですが、書き損じや書き直しはありません。
木版で山水図が刷られた用紙が使われています。
9 有筆 涌宛書簡
 
10 西川祐信筆『絵本桓衣草』(部分)   柏原家伝来の西川祐信(にしかわ・すけのぶ)の絵本『絵本桓衣草』(えほん・しのぶぐさ)・『絵本花の鏡』(えほん・はなのかがみ)には、書入れがあります。『絵本桓衣草』の表紙には貼紙があり、「透玄院様書入れ」と記されています。
この「透玄院」は北三井家五代目・高清(たかきよ)のことです。
その書入れに、歌舞伎の女形役者・山科甚吉(やましな・じんきち)の名前が出てきます。
高清が贔屓にしていたのではと思われます。
10 西川祐信筆『絵本桓衣草』(部分)
 
11 春宵堂商標帖 11 春宵堂商標帖   女形役者・山科甚吉(やましな・じんきち)は建仁寺近くに化粧品・薬品を扱う春宵堂(しゅんしょうどう)という店を持っていました。
その店の商標の切抜きと写しを、それぞれ帖に仕立てたものが伝来しています。写しと伝えられているものをよく見ると、その筆使いは写しではなく、下絵ではないかと思われます。
そしてその作者は、山科甚吉を贔屓にしていたらしい高清の可能性があります。
絵は円山応挙風ですが、高清は応挙のパトロンで、自ら絵を描いたことが知られています。
11 春宵堂商標帖