洛東遺芳館 概要
 当館は京の豪商であった、柏屋を母体とし、昭和49年(1974)に開館しました。以来、今日迄春秋2回特別公開をしております。
 柏原家は、肥後熊本加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とすると伝えられています。江戸期の正保2年(1645)初代三右衛門が当所に居を構えたといわれており、はじめ京小間物・扇子等を商い、徐々に商種商域を拡げ、木綿・漆器・紙の店を江戸に持ったいわゆる江戸店持京商人となり、今日も東京・大阪で盛業中であります。
 展示品のすべては、柏原家の江戸時代からの伝承品で、婚礼調度・絵画・浮世絵・工芸品・古書古文書等で、これ等を順次展示しております。
また、現在の建物も幾多の大小火難を逃れ、数百年来の商家の体裁を保っている京都でも数少ないものであります。
 建物の一部はご希望によりご案内しております。

〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL:075-561-1045 FAX:075-561-3651


コレクション
 柏原家の江戸時代から伝承の品々
 婚礼調度・絵画・墨蹟・浮世絵・茶道具・衣裳・古書古文書等多岐にわたっております。


開館情報◇ 秋季展 平成29年10月1日(日)~11月3日(金)「月曜日は休館です。但し、祝日は開館します。」
「江戸店持京商人 柏屋」
柏原家は、肥後熊本の藩主加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とするといわれ、初代柏原三右衛門が、正保二年(1645)にこの地に居を構えたといわれており、当初京小間物、扇子などを商い、元禄の頃より江戸へ「木綿店」「漆器店」「紙店」などの店を出し、京商人の当時の大きな目標であったいわゆる「江戸店持京商人」となり豪商の列に加わりました。
寛政の初め(1789)頃、江戸木綿店では年商十五万両もの販売があり江戸第一を誇り、太物呉服(木綿)では番付面で大関に位置していました。
現在でも木綿店を除く他の二店、紙の「柏原紙商事㈱」漆器の「㈱黒江屋」は堅実な経営下にあります。

春季展  平成30年4月1日(日)~5月5日(土) 予定

ご利用案内
開館時間 午前10時~ 午後4時(入館迄)
休館日 月曜日(祝日は開館)
アクセス 京阪電車 清水五条駅(徒歩3分)
入館料 一般 300円 大・高生 200円 中・小・きもの100円
住所 〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL 075-561-1045
FAX 075-561-3651
地図 Google マップはこちらへ


洛東遺芳館たより
平成29年 洛東遺芳館たより(「春季展」)はこちらへ    
平成28年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成27年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成26年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成25年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成24年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成23年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成22年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成21年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
 
◇平成29年 秋季展より  平成10月1日(日)~11月3日(金)「月曜日は休館です。但し、祝日は開館します。」

「江戸店持京商人 柏屋」
柏原家は正保二年(1645)に柏屋を創業したといわれ、現在当主は十二代目柏原孫左衛門。
元禄年間の頃、江戸店持京商人となる。柏原家に伝わった古文書や諸道具類など約二十点を展示。又、江戸時代収集した貴重な浮世絵・掛軸など約十五点を展示。

作 谷文晁  人物花鳥押絵貼屏風 紙本墨画 6曲一双    
作 谷文晁  人物花鳥押絵貼屏風 紙本墨画  6曲一双  
 
作 歌川広重  江都勝景 大橋中洲之図   作 宋紫石  雪中花鳥図 絹本着色 一幅
作 歌川広重  江都勝景 大橋中洲之図 作 宋紫石  雪中花鳥図 絹本着色 一幅
 
柏屋 「のれん」   柏屋 「のれん」
一般的な「丸に三つ柏」紋は、柏の葉脈が4本である。
柏原家の「丸に三つ柏」紋は、柏の葉脈が3本である。
柏屋 「のれん」
 
倹約令   倹約令
柏原家で出された倹約令は合計11回を数えるが、最初に出されたのは寛政九年(1797)七代目正寛から慶應四年(1868)九代目淨真までの七十一年間である。

内容については、店のものは食事、風呂等の制限から役料在勤者の給銀の半減に至るまでの節約を強いる反面、主家筋も食事から衣類、交際費等の制限、その他普請の停止、交際費の節減等広きにわたっており、上下が心をあわせて苦難を乗り切って行った。
倹約令
 
大福帳 「店入用帳」(たなにゅうようちょう)   大福帳 「店入用帳」(たなにゅうようちょう)
嘉永七年(1854)~安政五年(1858)店内経費の帳簿
大福帳 「店入用帳」(たなにゅうようちょう)
 
柏屋の諸道具   1階 展示場
柏屋の諸道具 1階 展示場