洛東遺芳館 概要
 当館は京の豪商であった、柏屋を母体とし、昭和49年(1974)に開館しました。以来、今日迄春秋2回特別公開をしております。
 柏原家は、肥後熊本加藤清正公の家臣、柏原郷右衛門を祖とすると伝えられています。江戸期の正保2年(1645)初代三右衛門が当所に居を構えたといわれており、はじめ京小間物・扇子等を商い、徐々に商種商域を拡げ、木綿・漆器・紙の店を江戸に持ったいわゆる江戸店持京商人となり、今日も東京・大阪で盛業中であります。
 展示品のすべては、柏原家の江戸時代からの伝承品で、婚礼調度・絵画・浮世絵・工芸品・古書古文書等で、これ等を順次展示しております。
また、現在の建物も幾多の大小火難を逃れ、数百年来の商家の体裁を保っている京都でも数少ないものであります。
 建物の一部はご希望によりご案内しております。

〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL:075-561-1045 FAX:075-561-3651


コレクション
 柏原家の江戸時代から伝承の品々
 婚礼調度・絵画・墨蹟・浮世絵・茶道具・衣裳・古書古文書等多岐にわたっております。


開館情報◇ 春 季 展 平成30年4月1日(日)~5月5日(土)「月曜日は休館です。但し、祝日は開館します。」
「浮世絵と婚礼調度品展」
浮世絵は、江戸時代に成立した絵画のジャンルである。本来、「浮世」という言葉には「現代風」「当世」「好色」という意味もあり、当代の風俗を描く風俗画である。大和絵の流れを汲み、総合的絵画様式としての文化的背景を保つ一方で、人々の日常の生活や風物などを多く描いている。
演劇、古典文学、和歌、風俗、地域の伝説と奇談、肖像、静物、風景、文明開化、皇室、宗教など多彩な題材がある。大別すると、版本の挿絵、一枚摺の木版画、肉筆浮世絵の3種類に分けられる。当然、木版画が量産されるようになる以前には肉筆画のみしか存在しなかったわけで、巻物などの肉筆浮世絵が含まれる。肉筆浮世絵は、形式上、屏風絵、絵巻、画帖、掛け物、扇絵、絵馬、画稿、版下絵の8種類に大別される。
また、浮世絵師は和装本の挿絵、表紙の仕事も並行して行った。広義には引き札、鏝絵、泥絵、ガラス絵、凧絵 ねぶた絵なども浮世絵の一種といえる。ただし、現代においては一般的には多色摺りの木版画錦絵のことを指すことが多い。
婚礼調度は、武家階層の嫁入婚から多く見られ、桃山時代後期から江戸時代にかけて徐々に定型化し、幸阿彌家の蒔絵技術と相俟って豪華となり、江戸中期頃には種類量とも厖大なものとなった。武家社会から輿った婚礼調度持参の婚礼が、追々と町人の間でも模倣された、富裕町人豪商間の婚礼に調度持参が多く見られる様になった。

秋 季 展  平成30年10月1日(月)~11月3日(土) 予定

ご利用案内
開館時間 午前10時~ 午後4時(入館迄)
休館日 月曜日(祝日は開館)
アクセス 京阪電車 清水五条駅(徒歩3分)
入館料 一般 300円 大・高生 200円 中・小・きもの100円
住所 〒605-0907 京都市東山区問屋町通五条下ル3丁目西橘町472
TEL 075-561-1045
FAX 075-561-3651
地図 Google マップはこちらへ


洛東遺芳館たより
平成29年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ    
平成28年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成27年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成26年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成25年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成24年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成23年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
平成22年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ   平成21年 洛東遺芳館たより(「春季展」「秋季展」)はこちらへ
 
◇平成30年 春季展より  平成30年4月1日(日)~5月5日(土)

「浮世絵と婚礼調度品展」
この度展示の婚礼調度は、京の豪商那波家五代目祐英の娘「里代」が柏原家四代目光忠に嫁した時持参され、里代の調度として今日迄伝えられたものである。 又、歌川派の絵師たちを中心に浮世絵約34点を展示。

逗子棚   拂箱
逗 子 棚 拂 箱
 
柏原邸内   柏原邸内
柏 原 邸 内
 
歌川豊国(初代) 松本幸四郎   歌川豊国(三代)風流げんじ須磨歌川広重
歌川豊国(初代) 松本幸四郎 歌川豊国(三代)風流げんじ須磨
歌川広重
 
歌川国芳楠家勇士四条縄手にて討死(三枚続)  歌川国芳楠家勇士四条縄手にて討死(三枚続)  歌川国芳楠家勇士四条縄手にて討死(三枚続)
歌川国芳    楠家勇士四条縄手にて討死(三枚続)
 
歌川国芳  木曽街道六十九次の内日本橋   楊洲周延  日向国宮崎の花廓に薩賊遊興の図
歌川国芳  木曽街道六十九次の内日本橋 楊洲周延  日向国宮崎の花廓に薩賊遊興の図
 
月岡芳年 美談武者八景 洞院の秋月(三枚続)  月岡芳年 美談武者八景 洞院の秋月(三枚続)  月岡芳年 美談武者八景 洞院の秋月(三枚続)
月岡芳年  美談武者八景 洞院の秋月(三枚続)